Company環境への取り組み

  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. 環境経営レポート

環境経営レポート

九州林産株式会社では、事業活動が環境に与える影響を把握・分析し、その影響が最小限となるよう、様々な環境負荷低減活動に取り組み、その効果を評価しています。

そして、毎年1年間の取組み内容を「環境経営レポート」として取りまとめ一般公開しており、企業としての説明責任を果たすとともに、ステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションツールとして積極的に活用しています。

🌲🌲🌲今回のレポートのアピールポイント🌲🌲🌲

・「環境経営レポート2020」に関する社内アンケートを実施し、今年度は社員の声を反映して、「分かりやすい、見やすい、読みやすい」をテーマに作成しました。

・今年度の目玉となるトピックスのページを作成しました。「森林経営管理制度」がスタートし、当社では新たな「成長分野への挑戦」を通じて、この制度の活用に着手しました(6,7P)

・当社が運営する指定管理者施設にて、プールの水質管理方法を見直したことで、大幅な上水使用料の削減に成功しました。(11P)

・国が2030年度までの二酸化炭素排出量削減目標を2013年度比で発表したことに際して、当社でも2013年度を基準年度とし、環境負荷削減量を示しました。(13P)

・希少種保護・生物多様性に配慮するため、自主的な巡視や経過観察を実施しました。(14~15P)

・次世代育成に向けたフィールドワーク型並びにオンラインを活用した環境教育に取り組みました。(18~19P)

バックナンバー

認証

1. エコアクション21認証取得

当社は2009年2月23日にEA21の部分認証取得、2010年2月23日に全社認証を取得いたしました。

エコアクション21とは、広範な企業、学校、公共機関等の全ての事業者が環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価する環境経営システムを構築、運用、維持するとともに、社会との環境コミュニケーションを行うための方法として環境省が策定したものです。

 2. FSC認証取得

九州電力社有林は2005年3月5日、FSC(Forest Stewardship Council®・森林管理協議会)の認証を(国内で20番目、電力会社としては初めて)取得いたしました。

森林認証制度は、世界的な森林減少・劣化等の問題を背景として生まれた“責任ある森林管理”を認証し、その山林で生産された木材及び木材製品をラベリングする制度です。 「認証とラベリング」という市場を活用するソフトな政策手段により、持続可能な森林管理を普及させることを目的としています。 
  1. TOP
  2. 企業情報
  3. 環境への取り組み
  4. 環境経営レポート