木材事業

トップページ事業案内木材事業 > 製材所の仕事

製材所の仕事

素材(丸太)搬入から出荷までの流れをご紹介します。

山土場に用途別に集積された素材(丸太)を、トラックにより製材工場へ搬入します。

丸太のサイズ・製品のサイズに応じてカットしていきます。

カットした半製品を規格寸法に仕上げていきます。

土台・柱・桁等の乾燥を行います(機械乾燥1〜2日、天然乾燥半年〜1年)。

乾燥した木材を、大型4面プレナー(カンナ)で規格寸法に仕上げます。

「JAS選別格付士」により、厳しく選別されます。


選別された製品にラベリング(品質等を表示)を行います。

木材市場や工務店にトラックにて輸送します。