造林事業

トップページ事業案内 > 造林事業

緑を育てる

私たちは、4,447haにおよぶ九州電力(株)の所有する社有林の木材資源や、森林の持つ公益的機能といった森の恵みを、 次世代以降も永続的に利用できるよう、持続的で適切な森林の育成を目指し、森林管理を行っています。

社有林は同時に、適切な森林管理が行われていることを認証する国際認証機関であるFSC®(Forest Stewardship Council®・森林管理協議会)の『森林管理認証』をわが国の電力会社で 初めて取得しました。(取得日:平成17年3月9日 国内で20件目、九州では2件目)また、環境体験学習も実施し、社有林のPR及び地域貢献にも取り組んでいます。



九州電力社有林管理業務
九州電力社有林における受託管理業務についてご紹介いたします。


社有林独自の管理方法
社有林独自の管理方法についてご紹介いたします。


FSC®森林認証
FSC®森林認証についてご紹介いたします。


環境活動
九州林産が参加している環境活動についてご紹介いたします。
造林事業のお知らせ 一覧を見る